代表あいさつ


代表あいさつ
オーナーインタビュー
収益改善事例

高収益の6つの理由
1.流出防止対策
2.コスト削減対策
3.KESAKA・MILOKAシステム
4.モデルルームの活用
5.ウィークリーマンションノウハウ
6.補助金・助成金の活用ノウハウ

賃貸マンションをお探しの方へ

設計・施工スタッフ紹介
スタッフ紹介
マンション経営Q&A
マスコミ記事
会社概要

  交通アクセス
  リンク集
  サイトマップ

お問合せはコチラ

エコアクション21を認証取得しました
〒812-0046
福岡県福岡市博多区
吉塚本町2-44
TEL:092-611-0001
FAX:092-621-1374



マンション経営Q&A
Q 古いマンションは、入居者を集めるのが難しいと言われますが、早川不動産さんの、どのようにして古いマンションに入居者を集めますか?
 
A 現状では、ピカピカなリフォームと部屋に合ったモデルルームを作る事が効果的です。
Q 入居者様にアンケートを取ることは、却って不満に火を付けて、コスト増になるのではないかと思いますが?
 
A 老朽かが進むマンション等は、機器の不具合や配管などの不具合が発生します。 また、それらは同時に発生する事が考えられるので、事前のアンケートで把握し、可能な限り素早い対応を行い、不満を入居者を増やさない。
Q いま別の不動産会社に管理をお願いしていますが、経費の見直しをすると、不動産会社と、もめるのではないですか?
 
A 不動産管理会社の管理委託費についての見直しは、入っていません。 清掃や点検費などの項目について削減をします。 不満を口にする管理会社があればそれは管理会社の怠慢ではないでしょうか?
Q 空室対策として、家具などを置いて、モデルルームを作るということですが、費用が高くつきそうですが?
 
A 弊社のモデルルームは、紙の素材でできている安価な家具から、本格的な家具まで様々です。 あわせて、ウィークリーマンションも事業としておくなっており、大量購入によりコストを抑えています。
Q ウイークリーマンションにするのは、費用がとてもかかるのではないですか?
 
A もちろん初期費用は必要ですが、空室が続く部屋を収益物件に変える手法です。





お問合せはこちら